スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参観日・はるとの場合

はるとの保育参観に行ってきました。

保護者会→参観→懇談、という予定だったのが
水疱瘡の大流行で保護者会が延期。
役員決めは持ち越し。
事前に配られた役員の希望には、やってもいい、に○をつけて提出しているので
どうなる?と思ってたんですー。
(うちの園、やります、やってもいい、今年は無理、みたいなアンケートがある)

それにしても水疱瘡、流行っているとは聞いていたけれど
クラスの1/3が欠席だったわ。
はるとはすでにやったので今回は余裕。
兄弟姉妹でかかってる家庭が多いから、小学校でも流行ってくるかなー?


さてさて、保育参観。

興奮しまくりの子どもたちで、何をやっても「ママー!」と手を振ってくる。
一人がやるとみんなやるんだよね。
そんな中、私は、はるとが音楽にあわせて皆と踊っている姿を見て
うかつにも涙ぐんでしまった。
(泣くとこじゃないんだけれど・・・汗)

大きくなったな、というのもあるし、
私の知らない時間を、はるとがこんなに楽しく過ごしているなんて…と
感謝の気持ちで胸がいっぱいになってしまった。
お友達とのトラブルが増えてきたけれど
それだけ成長したってことだしね。
いっぱい遊んで、泣いて、大きくなってくださいな。


そしてその後は教室で粘土。
先生の「美味しいものいっぱい作ってね~」という声がかかり
はるとの作ったものは、お皿。
ええええ~。
というか、お皿に一生懸命になり、中身に至らなかったという。笑
あれっこという視点でいうと
周りのお友達が盛んに作っていたのは
ギョーザ、ラーメン、ハンバーガーだったので
はるとには経験値がちょっとたりない食べ物が多いことに気が付いた。
ギョーザがタネを皮で包んで作っていて、皮がフニフニしているのは、はるとは知らない、よなあ・・・
(伊東家製法を愛用)
知らなくても問題のない年中児ではありますけれども
名前のつく料理をもうちょっとしてやらなきゃなあ、と思いました。

その後は、懇談、給食参観へと流れていくんですが
時間切れで私は参観のみ。
ああ、給食参観したかったヨー。

最近は周りのお友達もしっかりわかってくれていて
間違えてはるとの前にも普通食を先生が置いたら
他の子も「せんせーちがうよー」と教えてくれるんだそうです。
(はるとのはお盆にのって後からやってくるので配膳ミスはないから大丈夫)
んで、はるとはガッツリ食べるんだそうです。
園長先生は「アレルギーさんの給食、美味しいよね~」と言ってくださるのですが
その言葉も嬉しいし、
給食の先生も安全で美味しいものを作ってくださっているんだなあといつも感謝です。ほんと。

周りに助けられて成り立ってるわー。
ああ、やっぱ役員は、やります、に丸をつけるべきだったか(笑)
スポンサーサイト

新生活☆

4月になって、クラス替えで新クラスになったひなた。
進級して、担任の先生が変わりお友達の顔ぶれもちょこっと変化のはると。
新しい仕事に就き、通勤時間が増えた私。

加えてこのところの暖かさ→花粉、一転冷え込み→喘息。
みんな、へとへとながらなんとかやってます。

いや~、新しい世界に飛び込むってすんごくパワーが要るものですネ。
ひなたもはるともよく寝るわー。(そして私)

通勤時間が長くなれば、電車の中でいろいろ出来るわ、と思った私が甘かった。
知らなかったわ、こんなに通勤電車が混むなんてー。
手を動かすことも出来ねー。
直立不動でじっと過ごすのって結構キツイねえ。
おかげで全て妄想の時間になっています。
うまい過ごし方があったら教えてください。
仕事もえっらく忙しいみたいで、まだ自分のペースが全然つかめないので
言われるままに動いています。
ああ、早く余裕を持てるようになりたいー。


調子に乗ってパーマかけてみました。
かなり寝癖風なんですけど・・・おかしい。

がんばります。

年度の初めに

保育園・年中組さんになったはると、
4月からは担任の先生と調理の先生が新しい方になりました。

担任の先生は去年も園におられたのですが
半年以上お休みされていた方。
受け持ちも違ったので、姿を去年の夏くらいまでお見かけしていただけ。
んで、調理の先生は異動でいらっしゃった方です。

年度の初めなので、食事指示書をもらってきてくださいね~と言われ
負荷をしてもらっている病院に行ってきました。

続きを読む

始業式

ひなた、4年生になりました。

えええもう高学年じゃん!?とびびっている私です。
早いよねー。ほんま。

ひなたの学校は毎年クラス替えがあるので、始業式の今日は
ドキドキしながら登校。

そして下校時刻過ぎてから途中まで迎えに行くと
とても楽しそうに帰ってくるひなた。

「おかーさーん!○組だったよ!
先生は△△先生だった!誰々(友達)が同じクラスだったよー!」

など、嬉しそうだったので
母はほっとしました。
苦手な子とはことごとく離れた様子なのでつかみはオッケー。
でもまたいろいろあるんだろうなあ・・・。

常に直球のひなたは、お友達付き合いがへたっぴです。
ズケズケと結構きついことを言ったり人のものを勝手に使いまわしたり
いろんなことが起こるのが小学校。
去年の先生は、懐が深いというかおおざっぱというか。
悪くはなかったのでしょうが、どうも合わなかった。
こちらもいろいろと先生にお願いをしたのですが
それが裏目に出たりもして。
気持ちを汲んでもらえないひなたは大人への不信感をつのらせ、荒れてたよねー。


さ、新しい年度。
いっぱい楽しいことがあると良いね。
しっかり勉強もするのだぞ。頼むよー。

写真

はるとが生まれてからデジカメで取りためた画像データを、やっと、現像してみました。
やってみようと思っていたのになかなかねー。
でもオンラインで注文も楽チンでした。しかも2日くらいで届いた。
なんだ、エンジンさえかかれば早いじゃないか。


さて、それが届きまして。


小さい頃のはるとの写真は、ほっぺが真っ赤です。
ほっぺじゃないな。口の周り。
湿疹だらけで皮膚がぼろぼろで。そうだっだなあ、いつもリンパ液の匂いがした。
赤ちゃんの温かさでほんわかとした、リンパ液(笑)

その写真の頃はまだ除去してなかったんだか除去を始めたばかりだったのか
もう忘れてしまったけれど
とりあえずジュクジュクなので皮膚科に行って薬をもらっていたなあ。

小児科に行って「アレルギーかもよ」って言われて除去を始めたんだけれども
そのときは、なんでアレルギーってわかるんだろう?
ひなたが喘息だからかな?先生すごいなあ?とか思っていたはずなのですが
今写真をみたらわかる。
こんな赤ちゃん、そういないってば。

でも全然自分ではわからなくて、5年ぶりに赤ちゃんを育てられることが
ただただ嬉しかったんだった。
ひなたも全然普通にそんなはるとを受け入れていたしね。



で、その口の周りが真っ赤にただれている写真を見て
赤いところに指をやり
「これどしたの?」
と自分の写真に突っ込むはると。
「ちっちゃいころはこんなんだったのよー。痛かった?」
と、覚えてないだろうけれど聞いてみる。
「ううん、べつに」
とはるともわかっているんだかわかってないんだか、答える。(←わかってない)



ただそれだけなんだけれどね。


写真って記録としてはとっても有効な手段で
事実がそのまんま、何の注釈もなくバーンと前面に出てくる。
被写体やカメラを向けている人の気持ちも背景も関係なくね。
その瞬間を残せる、とても貴重なものなのはわかっているのですが
今見ると、そんなぼろぼろな肌のはるとの笑顔は私にはきつかったりします。

でもね、そのときは笑顔しか見えてなかったんだわ。
肌の状態が悪くても、私にははるとが可愛くて可愛くてしょうがなかったです。
もっと早く気がついてアレルギーを疑え、とその頃の私に突っ込みたい気分ですが。

悩んだり、迷ったり、回り道をしながらも
はるとは成長し
今、元気いっぱいの子どもになりました。
アレルゲンが特定でき、信頼できる医者、保育園の先生にめぐり合い
私は子ども達を育てるために仕事をすることができ
困ったときに相談できる仲間ができた。
なんと素敵なことだ。

はるとは自分が食物アレルギーであることを
今は完全に受け入れ不平も不満も言わない。
他の人生が自分にあったとしたら、という観念がないからかもしれないけれどね。
純粋な心だと思います。

はるとやひなたから教わることが多すぎて
いつも、二人が眩しいです。
子どもってすごいね。
プロフィール

あおい

Author:あおい
アレルギー体質30代。

ひなた
喘息もちの小学生。
意外に体育系。

はると
ついに小麦解除の小学生。
卵のみ除去。
喘息に移行中か?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
名言

地球の名言 -名言集-

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。