スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練の年

ため息、ため息、ため息・・・。

私じゃありません。ひなたです。
ひなた、再び、登校しぶり期到来。

反抗期の入り口にいるひなたは
いろいろなことに不平不満を漏らし、
ちょっとした、辻褄の合わない大人の行動に対して嫌悪感&不信感をつのらせる。
うんうん、成長の大切なステップだし。

とは思っているのですが
嫌だ嫌だが口だけではなく体ごとで拒否反応を示すようになり
ため息が増え、朝起こすと「朝になっている」という事実に泣き出す始末。
もういいよー、体壊しちゃうから学校休みなよー。
ということでたまに欠席させています。
それがいいかどうかはわからないんですけれどね。


欠席した日は、寝続けて充電しているらしい(ばあば談)。


ああ、パワーが不足してたのよね・・・。
喘息っ子だから、というわけではないのだけれど
暑かったり寒かったり調整が難しい気候だと
体がそっちにパワーを使ってしまって、
学校で起こる出来事に対応することが出来なくなっちゃうんだよね。
元気なときにはスルーできちゃうことも
弱っていると真正面から受け止めちゃって、ノックダウン~みたいな。
傍から見ると、そう思えます。


ここ一ヶ月ほどですが仕事始めてから私、7時前に家を出てるからな~。
帰宅後は「早く早く」の連発だしな~。そらいかんわな。
と反省をしてます。
どっしり落ち着いた母ちゃんになりたいものだ。うん、めざそう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

みんなそれぞれ
> めざそう。
と常々思っている母親像があるんだけれど・・・なかなかねぇ。
でも、慌しい日々の中でそれでも目指している理想の形を持ててるだけでも偉い☆と私は思います。
日々の選択がひなたちゃんにとって最良の方法なのか悩む毎日だと思いますが、
> 休みなよー
って言ってあげられる母さんって素敵だと思いますよ☆

No title

ひなたちゃんは時々、学校に行けなくなっちゃう日があるんですね。
そうそう、エネルギーが足りなくなっちゃうんですよね。わかりますー。
アレっ子はそれじゃなくても繊細だから、普通の子(←この言い方がいいかどうかは疑問ですけど、他に言葉が見つからないのでごめんなさい)がスルーできることも心に重くのしかかったりしますしね。
ひなたちゃんは頑張り屋さんですし、周りのこともよく見ているので、余計につらくなるんでしょうね。

私自身、定期的に「学校に行きたくない」病になりました。でも、母がそういうのを許してくれない人だったので、無理矢理行くことになり、玄関を出た途端、嘔吐する、みたいなこともありました。
吐きながら登校する小学生なんて、我ながら悲しすぎてイヤだ(涙)
そんなこともあり、今は、ムスコが行きたくないと泣いたら、休ませてしまいます。休んでいる間にベタベタ、スリスリ、甘やかし放題です(笑い)

ひなたちゃんがつらい時にはママが守ってくれると信じているんですよね。
そんなふうに子どもから頼られ、甘えられるあおいさんはとっても素敵だと思います。

yoyoさんへ

ありがとうー。
もおさー、毎日毎日、将来的にめざす方向はこれであっているのか?と迷いつつ、「休んでもいんじゃない」と言ってるんですよ。
めざそうという姿はあるんだけれどもね、なかなか~。
つかね、慌しいからこそ意識しとかないといけないのかなと思うんですよ。
接する時間が少ないからネ。
ぶっちゃけ、(いいのかしらこんなところで書いて)ガッコのセンセが忘れ物とかにガターンて机を倒すくらい怒るらしくてさー。ひいいい。
機嫌悪いと態度変わっちゃうとかでね、そういう不信感もあるのです。
せめて、私くらい、どっしりしてたい、と思う今日この頃です(汗)


えららんさんへ

ありがとうー。
うう、yoyoさんにもえららんさんにもそう言ってもらえて泣けてきた。
ひなたは割に頑張りやなので、SOSを出しているうちにちゃんと向き合ってやらないとそのうち倒れちゃうんじゃないかという不安もあって。
でも我慢とか忍耐とかね、そういう言葉も頭をよぎっていつも迷ってしまいます。

私たちが子どもの頃って、「学校に行かない」という選択はなかったですよね。えららんさんもしんどかったですね。頑張ったんですね。
私がいつも思い出すのは、給食を残しちゃいけないルールがあって、食べきれなくても片付けが始まったらお皿に乗っているおかずを机の上にひっくり返して置いて、お皿だけ片付けておかずは食べ続けるという・・・今だと訴訟ものかもね(笑)辛かったなー。私も学校は嫌いだったなあ。
頑張り続けてダウンするなら、その前に休憩した方がいいのでは、つい思っちゃうんですよねー。
ムスコくんも時々は充電して頑張っているのね。いいよね、たまにはね。

No title

やほー。
その担任の先生、なんか、ちょっとキてるよね?(汗)
んー。他の子は対処できるもんなのか??
それが不思議だけどな…

また粉モンパーティでもしようや~。

ceceさんへ

ありがとう~。
そこなんよ、そこそこ。
他の子は平気なのか?って、文句・不平不満言いまくりで「みんな嫌ってる」らしいけど(笑)
ブーブーいいながらも何とかやっていける力があればいいんだけれどね、うちは「行きたくない」方向に行くのよね~。
まだクラスで親友みたいな仲良しがいないからかなー。とかね、考えちゃうわ。
粉モノパーティーいいね☆しようしよう。お腹空けとくわ~。

No title

>嫌だ嫌だが口だけではなく体ごとで拒否反応を示すようになり
ため息が増え、朝起こすと「朝になっている」という事実に泣き出す始末。

想像しただけでひなた君の辛さを感じるような気がします。
それを見守るあおいさんの心を思うと・・胸にぐっと来てしまいます。

私も学校行きたくない時期ありました。
親にもその理由を言えずに毎日毎日辛かったな。
死にたいなって良く考えていました。
クラスのいじめっ子にいじめられていた時期なんですけど。
親に言えなかったし先生にも言えなかった。

休みたいって言えるのも勇気なのかな。って思います。
それを受け入れるのもやさしさですよね。

先生・・・今の時代かなり強烈な個性をおもちなんですね。
パワハラってやつ?
例え矛先が自分に向いてなくても、理不尽な怒りを向けられているクラスメイトの姿をみればデリケートな子供の心は傷つきますよね。
大人になった今でもそんな光景みたらショックを受けるはず。

アグネスチャンが言っていました。
思春期はホルモンのせいでイライラするんだと。
だから子供にそう話して、イライラするのは誰のせいでもないって小学生のうちから説明していたと言っていました。
(かなり説明が下手です・・すいません)
おなじことでもホルモンの影響で許せないように感じたりするのかな・・と思って書いて見ましたが・・大した情報でないですね(恥)


とうこmamaさんへ

ありがとうございます。
ホルモンか~、そうでしょうね。
自分でもどうにもできないもやもや感があるんでしょう。
「休みたい」とかね、口にできるだけまだ良いと思うんです。
ここでこのサインを無視したら、「言っても無駄なんだ」なんて
全てを諦めてしまう気がして。
私たち世代って割とそうなのかな?私も学校は苦手でしたー。
理不尽なことばっかりで、我慢を学ぶとかそういうことじゃなくてね。
そういう時代だったのかなー。
今は価値観が多様化して、選択肢もたくさんあってうらやましく思いますが
逆に難しいのかもしれないですね。
しっかり心を支えてやれる母親でいたいなと思っています。




プロフィール

あおい

Author:あおい
アレルギー体質30代。

ひなた
喘息もちの小学生。
意外に体育系。

はると
ついに小麦解除の小学生。
卵のみ除去。
喘息に移行中か?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
名言

地球の名言 -名言集-

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。